2008年03月23日

堤さやか

歌った


*堤さやか
作詞/俺
作曲/nirareva

ふと街で 懐かしい歌を聴くと
君のことを思い出すよ
幼く 若すぎたかもしれないけど
純粋だったあの気持ちを

鮮やかだけど くだらない世界の中で
真っ直ぐ笑う君を見つけた
汚れた世界の中でただひとり
君だけには気高さを感じた

叶わない恋だと知ってたけれど
虚像の君は今日も微笑んで
寂しさと知りながら僕は
ただ情熱を持てあましていた

叶わない恋だと知ってたけれど
あんな風に逢えなくなるなんて
君の居場所本当は知ってるけれど
話す言葉が見付からない


贔屓目をさっ引いて考えても
かっこよすぎるだろこの曲ww
nirarevaさんはブレイク上手いですよね


posted by よーし at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。